マンションを貸したいときは定期借家がいいかもしれません

私のマンションを貸した経験

私も東京都内にマンションを所有していて、3年ほど地方に転勤することになった際にマンションを貸した経験があります。
私の場合は、借り手の方も都内に転勤になった方でしたので、ちょうど入れ替わりのようなかたちで限られた期間だけの契約で良いということもあり、非常に貸し手と借り手の条件が合ったという幸運もありましたが、やはりどちらを選択するかはかなり考えました。
お世話になった不動産仲介会社からは、借家をするにあたり、普通借家では契約期間は2年ですが、定期借家では3年(ただし、転勤期間が延びたりして契約満了時に貸主・借主の合意の上、再契約は可ということを条件はつけておりました)という説明を受けました。
転勤族であり、またいずれ自分の部屋に戻って来るということがある程度分かっていましたので、定期借家の契約方法を選択しました。
貸す際の注意として、貸したいということばかりが優先して、貸主が負担しなければならないコストにも注意することが必要ですが、例えば、室内の内装・建具や設備関係の不具合がありましたら、借り手の方からの苦情を受けて入居後に直すこととなり、何らかの補償を要求されるなどのトラブルにも発展する可能性もありますので、事前に直しておくことが望ましいと思われます。
これについても、定期借家にした場合は、基本的に同じではあります。
しかし、借り手の方も限られた期間だけ住むという意識が強くなるのか、比較的大きなトラブルに発展することは稀であり、こちらとしても契約期間が満了すれば出ていってもらえるということがあり、貸し手である私にとっては多少の賃料の目減りというデメリットはありますが、トラブルのリスク低減というメリットがあること、一方で借り手の方にとっては賃料が10%程度安いというメリットがあるため、双方にとって定期借家の契約方法の方がメリットがあるということに落ち着いたという感じでした。
このようにマンションを貸すにしても、2つの方法がありますので、ご自分にとってどちらがメリットがあるか、慎重に検討した方が良いでしょう。

転勤で持ち家マンションはどうする? | 私のマンションを貸した経験